スポンサードリンク

酒乱が家族にいる恐怖 暴れて騒いで警察沙汰! 幻覚?幻聴?叫ぶ、わめく、殴る、大変です。

私には酒乱の父がいます。

 
普段は温厚で優しい人です。

 
市役所職員でした。

 
定年まで勤めあげました。

 
そんな真面目で優しい、きっと傍からみたら

欠点のない素晴らしい紳士でしょう。

 
ですが、アルコールという悪魔の液体が

彼を別人格に変身させるのです。

 
適度な量でやめてくれればいいのですが

途中から意識が飛んでるらしく

潰れては起き上がり、

潰れては起き上がりを繰り返し

そのたびに変貌していくのです。

 
面と向かって罵倒されます。

 
凄い形相で怒鳴られます。

 
家族が誰か他の人に映っているようです。

 
また、壁や柱を叩いたり蹴ったりします。

 
警察に電話することもあります。

 
外に出てしまうこともあります。

 
もちろん次の日には忘れています。

 
酒量も途中までの記憶しかありません。

 
「そんなに飲んでない。」

「覚えていない。」

 
その繰り返しです。

 
人格が変わってしまうんですよね。

 
では、いったいどう対処すればよいのか?

 
ほっとくしかないんですね。

 
当の本人には幻覚が映り、

幻聴が聞こえているんですから

何を言っても何をしても無駄なんです。

 

 

本人に治す意思がある場合は救いようがあると思います。

 
ですが、多くの酒乱の人は取り合わないことが多いようです。

 
父も表面上は反省の色をみせますが、

量を減らすからといって現実から目をそらし続けました。

 
家族は大迷惑です。

 
夜中じゅう悪ふざけのようなやりとりに付き合わされることもしょっちゅうでした。

 
では、耐え忍ぶしかないのか?

 
アルコール依存を完治させようとするのであれば
根気よく説得して、専門の医療機関で治療するくらいしか手の施しようがないですね。

 
否認の病気といわれています。

 
当の本人の意思がなければ強制入院とかもできません。

 
母も他の方と同じく父を説得して家族教室に参加したことがありましたが、

すぐに父が難色を示して行かなくなりました。

 
すぐにまた飲みはじめました。

 
最近、いつものように幻覚が現れたらしく異常行動をはじめたらしいのですが

いつもと違って、包丁を持ち出したため大事になり家族会議に。

 
これでは幻覚(母)を刺しかねません。

 
とりかえしのつかない惨事が起きないようにするためにどうしたらよいか。

 

 

話し合いの結果、「離婚か、半別居か」という話になりました。

 

 

普段から離婚だ離婚だと喚いていたので離婚を選択するかと思いきや

父は反省した感じで(いつものことですが)

 
「アパートを借りよう」と。

 
今では日中は今までどうりで、

父が酒を飲み始めると母はアパートに移動するという暮らしをしています。

 
こういう解決の形もあるという話でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました