スポンサードリンク

ボクシング 階級 体重 認定団体

汗の飛び散る、闘争心と闘争心のぶつかり合うボクシング競技。

そのトップに君臨する世界チャンピオンは尊敬されるものですよね。

では、その世界チャンピオンはどれだけいるのでしょうか?

階級一覧

階級は全部で17あります。

・ミニマム級

・ライトフライ級

・フライ級

・スーパーフライ級

・バンタム級

・スーパーバンタム級

・フェザー級

・スーパーフェザー級

・ライト級

・スーパーライト級

・ウェルター級

・スーパーウェルター級

・ミドル級

・スーパーミドル級

・ライトヘビー級

・クルーザー級

・ヘビー級


体重別階級一覧

この階級はどのように分けられているのでしょう?

ニュースなどでたびたび検量のシーンを目にしたことがあるのではないでしょうか?

そうです。体重別に区切られています。

・ミニマム級 (47.61kg・105ポンド)

・ライトフライ級 (48.99kg・108ポンド)

・フライ級 (50.80kg・112ポンド)

・スーパーフライ級 (52.16kg・115ポンド)

・バンタム級 (53.52kg・118ポンド)

・スーパーバンタム級 (55.34kg・122ポンド)

・フェザー級 (57.15kg・126ポンド)

・スーパーフェザー級 (58.97kg・130ポンド)

・ライト級 (61.24kg・135ポンド)

・スーパーライト級 (63.50kg・140ポンド)

・ウェルター級 (66.68kg・147ポンド)

・スーパーウェルター級 (69.85kg・154ポンド)

・ミドル級 (72.57kg・160ポンド)

・スーパーミドル級 (76.20kg・168ポンド)

・ライトヘビー級 (79.38kg・175ポンド)

・クルーザー級 (90.72kg・200ポンド)

・ヘビー級 (90.72kg超・200ポンド超)


主要世界チャンピオン認定団体

世界には17人のボクシング世界チャンピオンが存在するのかといいますと、

実は、そうではありません。

ボクシングの世界チャンピオンを認定する団体が複数存在するのです。

・「世界ボクシング協会」 (WBA)

・「世界ボクシング評議会」 (WBC)

・「国際ボクシング連盟」 (IBF)

・「世界ボクシング機構」 (WBO)

チャンピオン以外のチャンピオン!?

各階級×各組織=17×4=68

ということで、基本的に68人の世界チャンピオンの座が存在することになります。

「だけど、暫定王者とかどうなってるの?」

たまに耳にしますよね。「~王者」

実際には王座は正規以外に以下の三つの王座が存在するのです。

・暫定王座

・スーパー王座

・休養王座(休暇王座)

暫定王座とは、団体の判断で、やむを得ない理由により正規チャンピオンが長期間防衛戦を行えない場合設けられる王座です。

スーパー王座とは、「世界ボクシング協会」 (WBA)のチャンピオンが他団体の王座を獲得し
統一王者となった場合に繰り上がる王座より上位の王座です。

休養王座(休暇王座)とは、団体により多少違いはありますが、医学的理由などで戦線を離脱している王者が
休養王座(休暇王座)に認定された場合に与えられる王座です。

結局、世界チャンピオンはどれだけいるのかといいますと

空位であったり、暫定王座・スーパー王座・休養王座があったりするのでチャンピオンは68人プラスマイナスαということになります。

ちなみにロンドンオリンピック金メダリストの村田諒太(帝拳ボクシングジム所属)はWBA「世界ボクシング協会」のミドル級チャンピオンの座にその名を記しました。(2017年10月22日)

コメント

タイトルとURLをコピーしました